TPP Q&A 上級編

<<オバマ米大統領の輸出倍増計画の一環では?

ISDS条項で理不尽な理由で巨額の損害賠償を命じられるのでは?>>

外需よりも内需を拡大すべきでは?

解答

  • もちろん、内需の拡大は目指すべきです。例えば、環境、医療、介護などは有望な成長分野です。しかし、日本は少子高齢化が進んでおり、大幅な内需拡大は簡単ではありません。バブル崩壊後、公共投資頼みで失敗しています。
  • 今後、日本が豊かさを保つためには、内需拡大に加えて、成長するアジア太平洋地域の活力を取り込むことが欠かせません。内需と外需のどちらか一方ではなく、両方とも必要です。
  • なお、貿易自由化を進め、関税を削減すれば、消費税減税と同じ効果があります。消費者は税金を負担していた分を他の消費に回すことができるので、結果として内需の拡大にもつながります。
日本の経済成長への輸出の寄与度(%)

日本の経済成長への輸出の寄与度(%)

出所:内閣府「国民経済計算」

<<オバマ米大統領の輸出倍増計画の一環では?

ISDS条項で理不尽な理由で巨額の損害賠償を命じられるのでは?>>


このページの先頭へ