TPP Q&A 上級編

<<工業のために農業が犠牲になるのでは?

外需よりも内需を拡大すべきでは?>>

オバマ米大統領の輸出倍増計画の一環では?

解答

  • アメリカのオバマ大統領が輸出倍増を掲げ、TPPをその有力な手段としていることは事実です。
  • しかし、日本の工業品関税は既に低く(平均2.5%)、また日本の国内需要が急に増えるわけではないので、日本の輸入量が2倍になることはありません。むしろ、TPPに入れば、日本からアメリカへの輸出を増やすことができます。
  • TPPはお互いにとって利益となるのです。
アメリカとの貿易関係(2010年)

※画像をクリックすると拡大できます。

出所:経済産業省資料

<<工業のために農業が犠牲になるのでは?

外需よりも内需を拡大すべきでは?>>


このページの先頭へ