TPP Q&A 中級編

<<外国人の医師や弁護士が増えるの?

アメリカの企業ばかりが有利になるのでは?

解答

TPPは参加国全てで合意する場です。アメリカだけに有利となることはありません。

  • TPPは複数の国で議論をして、みんなで合意をする場なので、アメリカにだけ有利な協定となることはありません。
  • 一方で、TPPによって、アメリカ企業が日本政府への訴訟を乱発するのではないかと心配する声があります。
  • これは「投資家と投資受入国の紛争解決手続き(ISDS条項)」の心配ですが、アメリカ企業だけの権利ではなく、全ての国の企業が使えるルールです。もちろん日本企業も使うことができます。

北米自由貿易協定(NAFTA)の各国提訴ケース数(1994年~2010年)

■アメリカ :15件 (アメリカ政府敗訴数0件)
■カナダ :16件 (カナダ政府敗訴数2件)
■メキシコ :15件 (メキシコ政府敗訴数5件)

北米自由貿易協定(NAFTA):アメリカ、カナダ、メキシコの自由貿易協定

出所:UNCTAD HP

☆「ISDS条項についてもっと知りたい」と思ったあなたは上級編へ

TPP Q&A 上級編

<<外国人の医師や弁護士が増えるの?


このページの先頭へ