• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-09-10

TPP“年内の交渉妥結”先送り(NHK)

TPPの関係9か国が、APECの首脳会議にあわせて協定の妥結に向けたこれまでの交渉を報告にまとめました。その中で、年内いっぱいに交渉を妥結させるという目標を、一部の分野で各国の主張に隔たりがあることなどから、「できるだけ多くの分野の交渉をまとめる」と修正し、事実上、先送りしました。また、報告では、各国は「交渉への参加に関心を持つ国々との話し合いを続ける」と表明し、今も結論を出していない日本の判断を引き続き待つ姿勢を示しました。

2012-09-10

首相 TPPでマレーシアに協力求める(NHK)

野田総理大臣は訪問先のロシアのウラジオストクで、マレーシアのナジブ首相と会談し、TPPについて、交渉参加に向けて関係国との協議を続けていく考えを示し、協力を求めました。ナジブ首相は、「TPPへの日本の参加を支持したい」と述べています。

2012-09-10

需給は、投機マネーは 穀物高の行方を占う 柴田明夫氏と川島博之氏が議論 創論(日経)

食料不足に警鐘を鳴らす資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表と、中長期的には過剰生産こそ問題になると説く東大の川島博之准教授へのインタビューが掲載されています。柴田氏はコメ、川島氏は野菜・畜産と輸出の対象は違いますが、TPPをチャンスととらえる点では同じであり、両者は、貿易自由化に農業の活路を探る発想を共有しており、攻めの農業に転換すべきだとの主張はいまの農政への厳しい批判にもなっている、と述べています。

2012-09-09

TPP事前協議、前進で一致 野田首相・米国務長官会談 (日経)

野田佳彦首相は8日、クリントン米国務長官と会談し、TPPの交渉参加に向けた日米間の事前協議を前進させていくことで合意しました。首相は今回のアジア太平洋経済協力会議の首脳会議での参加表明を見送りましたが、改めて交渉参加に意欲を示しました。米国は事前協議で牛肉、保険、自動車の3分野を「関心事項」に挙げ、日本に一段の市場開放を求めていますが、野田首相は会談で、今月5日に食品安全委員会が米国産牛肉の輸入規制を緩和する答申案をまとめたことに言及しました。

2012-09-09

TPP参加表明は正式に見送り…首相、基調発言(読売)

APEC首脳会議は8日、ウラジオストクで開幕しましたが、野田首相は基調発言で、TPP交渉について、国内の議論が進んでいないことを背景に「交渉参加に向けた関係国との協議を引き続き進める」と述べるにとどまり、参加表明を正式に見送りました。会議では、自由貿易の堅持で一致したほか、閣僚会議でとりまとめた環境物品の関税引き下げを歓迎しました。

2012-09-09

クリントン長官、TPP締結の必要性訴え APECで演説(日経)

クリントン米国務長官は8日、訪問先のロシア極東のウラジオストクで演説し、アジアの投資環境に関して、現地生産や技術移転を強制されるほか知的財産権の保護が不十分な事例が見られるとして、公正な条件を整えるよう求めました。TPPについては「地域の経済成長のけん引役になる」と語りました。

2012-09-09

メキシコ大統領“TPP恩恵大きい”(NHK)

APECの首脳会議に出席するためロシアのウラジオストクを訪れているメキシコのカルデロン大統領は、1990年代にアメリカ、カナダと自由貿易協定を結んだ結果、1人当たりの所得が5倍に増えたことを例に挙げ、「特定の分野に及ぶマイナスの影響より、恩恵のほうが大きい。貿易自由化で、メキシコの農家にもチャンスが広がっている」と述べました。また、TPPについて「これから10年、20年と経済成長が見込まれる太平洋地域の国々にとって、正しい戦略はTPPのような取り組みに加わることだ」と述べ、経済成長には貿易自由化の推進が欠かせないという認識を示しました。

2012-09-09

APEC:FTA透明化促す 首脳宣言案(毎日)

ロシア極東ウラジオストクで開かれているAPECの首脳宣言案が8日、固まり、保護主義措置を新たに導入しないことや、環境に配慮した製品の関税引き下げ等が盛り込まれました。首脳会議は9日に宣言を採択し、閉幕します。宣言ではさらに、域内の経済連携を推進し、加盟国全域によるアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の構築を進めることを確認します。

2012-09-08

TPP「慎重に判断を」 民主報告書、経済連携の戦略策定要求 (時事)

民主党の経済連携プロジェクトチーム(PT)は7日、TPPの交渉参加について「慎重に判断することを求める」とする報告書をまとめました。PTは昨年11月にも「慎重に判断する」ことを求める提言をまとめており、改めて政府に判断先送りを求めています。報告書では「例外なき関税撤廃は認められない」と指摘しており、農業保護に関しては財政支援策と財源を示すよう求めています。

2012-09-08

アジア広域FTA交渉連携で合意 日シンガポール首脳会談(日経)

野田佳彦首相は8日、ロシア極東のウラジオストクでシンガポールのリー・シェンロン首相と会談しました。両首脳はASEANと日中韓など16カ国でつくるアジア広域FTAの11月の交渉開始に向け、連携していくことで合意しましたが、シンガポールが提唱して交渉が始まったTPPには、両首脳とも言及しませんでした。

このページの先頭へ