• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-09-19

白石隆「日韓関係の重要性確認のため、関係冷却化も我慢を 」(nippon.com)

白石隆氏「日韓関係の重要性確認のため、関係冷却化も我慢を 」がnippon.comに掲載されています。

2012-09-19

白石隆「TPP交渉参加と防衛力の維持整備に中長期的戦略を 」(nippon.com)

白石隆氏「TPP交渉参加と防衛力の維持整備に中長期的戦略を 」がnippon.comに掲載されています。

2012-09-19

元米国大使マイケル・アマコスト「緊密な日米新時代の構築に向けて」(nippon.com)

元米国大使マイケル・アマコスト氏「緊密な日米新時代の構築に向けて」がnippon.comに掲載されています。

2012-09-19

田中直毅「高度成長期の「神話」を克服し、新しい時代の成長基盤を 」(nippon.com)

田中直毅氏「高度成長期の「神話」を克服し、新しい時代の成長基盤を 」がnippon.comに掲載されています。

2012-09-19

道本裕「国際競争力の観点から見た日本の農業再生」(nippon.com)

道本裕氏「国際競争力の観点から見た日本の農業再生」がnippon.comに掲載されています。

2012-09-19

櫻井よしこ「課題解決へ邁進の好機」(国家基本問題研究所)

7月12日付の産経新聞朝刊に「野田首相に申す」で掲載された、 櫻井よしこ氏「課題解決へ邁進の好機」が国家基本問題研究所にて公開されています。

2012-09-18

「TPP」、例外なき自由化でどう変わる? 日本、世界から置き去りも(SankeiBiz)

ロシア・ウラジオストクで9日まで開かれたAPECの首脳会議で、野田佳彦首相はTPP交渉への参加表明を見送りました。日本の年内交渉参加はすでに絶望的な状況であり、今回のTPP閣僚会合ではカナダ、メキシコが同席したが、日本は開催さえも通知されておらず、参加表明の遅れで、TPPに参加してアジアの成長力を取り込むことは日本経済復活のカギにもなるにもかかわらず、新たな自由貿易の枠組みづくりでの存在感の低下は否めないと述べています。

2012-09-18

日中韓FTA:暗雲 「政治情勢の改善条件」…経産省幹部(毎日)

尖閣諸島の領有権を巡る中国国内の反日デモが激化し、11月の東アジアサミットでの交渉開始を目指している日中韓FTAに暗雲が垂れこめています。経産省は「事務レベルの事前協議は政治問題と別」として協議を進める方針で、8月21日に中国で開かれた事前交渉では尖閣問題には触れず、予定通り終了しました。しかし、幹部は「最終的に決めるのは首脳会議。政治情勢が改善しなければ交渉開始は難しい」と不安を語っており、枝野幸男経済産業相は「日中関係が大局的な見地から円滑に進むことを期待している」と問題を大きくさせない姿勢だが、デモが長期化すればFTA交渉に影響が及ぶのは必至であると述べています。

2012-09-18

【IT業界動向 ITは本当に農業を救えるのか?】【後編】ネポンやJA全農との協業で現実的なアプローチを行うNECの取り組み(ComputerWorld)

新たにネポンやJA全農と協業し、情報閲覧を中心とした簡易なクラウド・サービスで、現実的に農業へのIT活用のすそ野を広げるNECの取り組みが紹介されています。

2012-09-18

「植物工場」異業種参入相次ぐ 農業は有望な次世代産業(SankeiBiz)

光や温度などを人工的に制御して野菜などを生産する「植物工場」に、企業が熱い視線を注いでおり、成長事業としての地歩を固めつつあると伝えています。一方、新規参入企業が工場を建てる際、工場を建築物とするか農業生産設備とみなすかは自治体によって解釈が分かれ、建築物とみなされれば、農地には建てられない等、植物工場の浸透には、克服すべき課題は多いですが、それでも、外食産業などにとって、安定供給のメリットは大きく、植物工場は農業の成長産業化に向けた期待を集めているそうです。

このページの先頭へ