• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-03-27

EUのFTA戦略(大和総研)

経済調査部 シニアエコノミストの山崎 加津子氏によるコラムです。FTAの先駆け的存在と言えるのがEUが、最近になって米国、日本という、先進国でしかも以前から緊密な貿易関係がある2か国と相次いでFTA交渉を開始した背景について解説しています。

2013-03-26

日本 貿易自由化交渉を相次ぎ開始(NHK)

日本は、これまでに13の国や地域と、経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)を締結してきましたが、これらの国や地域との貿易額が、全体に占める割合は19%にとどまっています。これに対して、韓国は貿易額全体に占めるFTAの締結相手との貿易額が35%に達しており、輸出産業に有利な貿易環境を整えてきました。このため、日本は巻き返しに向け、比較的、経済規模の大きな国や地域との間で貿易の自由化を進めようとしており、今月、TPPへの交渉参加を表明し、EU との交渉に並行して、26日からは、日中韓FTAの締結に向けた交渉を開始するほか、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の交渉を、ことし5月から始めることにしています。

2013-03-26

4月会合で日本のTPP承認協議 NZ貿易相「早期加入を」(共同)

ニュージーランドのグローサー貿易相は25日、TPP交渉への日本の参加承認について、4月下旬にインドネシアで開く予定のTPP閣僚級会合で協議する見通しを明らかにしました。また、「できるだけ早期に加入の道を探る必要がある」とも指摘し、閣僚級会合を開く前に、事務レベルで日本の参加承認について詰める可能性も示しました。

2013-03-26

TPP機に日本で農業金融拡大 豪大手銀幹部に聞く(日経)

農業金融分野で世界大手のナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は、日本で農業金融業務を展開しています。日本の企業によるオーストラリアやニュージーランドでの農業・食料ビジネスへの投資を促し、そこから発生する融資や為替リスク回避などの金融サービスを提供しています。NABで農業金融分野を統括するデビッド・ソーン・国際コンシューマー部門長は、日本がTPP交渉への参加を決めたことを受け、農業面などで関連ビジネス取り込みの動きが活発になりそうであると述べています。

2013-03-26

世界経済評論IMPACT「ASEAN経済統合と日本」(世界経済研究協会)

九州大学大学院経済学研究院教授、清水一史氏によるレポートです。3月15日に、安倍首相は遂に日本のTPPへの交渉参加を表明しましたが、TPPへの日本の参加表明によって、RCEPと日中韓FTAが更に進められ、そのことがASEANの経済統合を一層進める要因になると予測しています。また、ASEANとの関係強化が政治的にも経済的にも不可欠である日本には、RCEPとTPP を連結させる役割、更にはFTAAP(アジア太平洋自由貿易地域)を構築する役割が期待されていると述べています。

2013-03-26

国内景気「拡大」7割、TPP「収益力向上」5割 日経の社長100人調査(J-CAST)

日本経済新聞社の「社長100人アンケート」によると、国内景気が「拡大している」と答えた経営者が68.2%に達しました。また、TPP交渉で貿易自由化が進めば、「収益力が高まる」との声も54.1%に達しています。

2013-03-26

中小企業におけるTPP加入の賛否等(大阪信用金庫)

中小企業の業種別・規模別にTPP加入の賛否やその影響などについて行われた調査の結果が公表されています。

2013-03-26

甘利経財相、TPPの影響「GDPの地域別試算はできない」 (日経)

TPP担当相を兼務する甘利明経済財政・再生相は26日午前の閣議後の記者会見で、自民党のTPP対策委員会がTPP参加に伴う地域別の経済的な影響の試算を求めていることに対して、「国内総生産(GDP)を地域ごとにどのくらい押し上げるかという試算はできない」と話し、影響を算出することに慎重な姿勢を示しました。

2013-03-26

EUとのEPA交渉 来月開始で一致(NHK)

安倍総理大臣は、25日夕方、EUのファンロンパイ大統領らと電話で会談し、日本とEUのEPAについて、交渉を開始することで正式に合意し、来月、1回目の交渉を行うことになりました。

2013-03-26

EUとのEPA 早期妥結で一致(NHK)

茂木経済産業大臣はEUのデフフト通商担当委員と会談し、25日、電話による首脳会談で合意された日本とEUのEPAの交渉開始について、早期妥結を目指すことで一致しました。

このページの先頭へ