• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-03-29

米韓FTAで日本勢に商機 ソウルモーターショー開幕(産経)

日本の自動車メーカー各社が、世界市場のライバルである韓国市場で攻勢をかけます。日中韓で協議されている自由貿易協定(FTA)が成立すれば、韓国で課せられている8%の関税が低減され、日本に追い風となります。また、米韓FTAによる関税の引き下げや、車両の認証基準の規制緩和などで、海外メーカー進出が容易になっており、った。昨年末以来の円安ウォン高も加わり、日本勢にとってはまたとない商機といえます。

2013-03-28

TPP交渉参加 米などに働きかけ強化(NHK)

TPPを巡り、甘利経済再生担当大臣、岸田外務大臣、茂木経済産業大臣ら関係閣僚が27日に会談し、交渉参加に向けた体制を確認しました。交渉参加の同意が得られるよう、アメリカなどに対して働きかけを強めることにしています。

2013-03-28

台湾、医療や農業など新特区で規制緩和 FTAへ布石(日経)

台湾の行政院(内閣)は27日に「自由経済モデル区」の構想を発表し、新たな経済特区を設け、医療や農業の規制緩和などを先行的に実施し、将来は台湾全域に広げます。台湾は特区での規制緩和をテコに市場開放の地ならしを進め、各国とのFTAの締結を急ぐ見通しです。

2013-03-27

日銀総裁、「成長戦略、規制緩和、TPPなど政策努力が必要」 (日経)

日銀の黒田東彦総裁は26日午前の衆院財務金融委員会で、政府の財政政策に対して「当面は景気刺激という弾力的な財政運営をやってもらい、中長期的には財政再建をすることが非常に重要だ」との認識を示しました。さらに「成長戦略や規制緩和、TPPなど各種の政策努力が必要で、うまくいけば好ましい形でスムーズに2%の物価安定目標が達成できる」と語っています。

2013-03-27

TPP日本参加 米議会通知、後ずれ(東京新聞)

TPP交渉への日本参加について、米政府の議会通知が早くとも四月下旬以降になる見通しとなったと伝えています。四月下旬に開かれるTPP閣僚級会合で日本参加が話し合われる見通しとなったためで、米政府はこの会合での合意を受けて議会通知する方針で、参加国間の議論が重視される見通しです。 一方、ニュージーランドのグローサー貿易相は二十五日、訪問中のワシントン市内で、日本の参加承認について、四月下旬のTPP閣僚級会合で協議するとの見通しを明らかにています。

2013-03-27

日・EU経済連携とTPPの相乗効果を (日経)

日本とEUの経済連携交渉が4月に始まることになりましたが、韓国は日本より先にEUとFTAを結んでおり、韓国製品は既に2年前から段階的に関税が引き下げられています。失われた時間を取り戻すためにも、短期決戦の構えで臨み、日本の経済成長を支える中身の濃い協定をつくることを求めています。また、TPPが刺激となり、世界中でさまざまな貿易自由化への取り組みが動き出しており、通商国家である日本にとって大きなチャンスがやってきたと考えるべきであると述べています。この潮流に乗って、EUをはじめとする世界市場で有利な競争条件を一気に目指していくことを強調しています。

2013-03-27

岡崎研究所「TPPとシェールガス 安倍総理訪米後の米国の外交課題」(Wedge Infinity)

2月25日付米New York Times紙で、Ian Bremmerユーラシア・グループ代表とDavid Gordonユーラシア・グループ研究部長は、2月22日の安倍総理の訪米を受け、第二期オバマ政権の外交政策として、TPPとシェール・ガス輸出は重要な課題となる、と述べたことについて紹介しています。そして、この安倍総理の政策を支持する趣旨の論説は、それが米国の利益になるという観点から書かれていおり、日本にとっても有難く公正な意見であると述べています。

2013-03-27

高安 雄一 「TPPやFTAに反対するなら、まず条文をよく読もう 薬や治療費は高騰するのか?:医療編2」(日経ビジネスオンライン)

韓米FTAの医療分野において、「営利法人が認められることにより医療費が青天井になる」、「薬の価格を決定する際に、政府などから独立な検討機関が評価することにより、薬価が急激に高くなる」という説の真相について条文による解説を行っております。

2013-03-27

日中韓FTA 1回目の交渉始まる(NHK)

日中韓のFTAを巡る1回目の交渉が、26日朝、韓国のソウル市内のホテルで日本の鶴岡外務審議官と中国の兪建華商務次官補、韓国のチェ・ギョンニム通商次官補が握手を交わして始まりました。今回の交渉は28日まで3日間、全体の枠組みに加えて、投資のルールやサービスの自由化など分野ごとにも進められることになっています。

2013-03-27

自工会会長、EPA交渉開始合意を歓迎(TBS)

日本とEUが来月、EPAの交渉開始で合意したことについて、日本自動車工業会の豊田章男会長は歓迎する声明文を発表しました。

このページの先頭へ