• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-02-06

三輪泰史『日本農業「ハイテク再生」処方箋(4)高度な農業技術が集積・植物工場 中国、中東、シンガポールなどが熱い視線を注ぐ』(ダイヤモンド・オンライン)

連載コラム、『日本農業「ハイテク再生」処方箋』の第4段です。今回は、世界で注目されている、狭い土地で効率的に農業生産できる植物工場に焦点を当てています。植物工場とは、光、温度、二酸化炭素濃度、風速、肥料濃度等の栽培環境を、人為的に最適コントロールする栽培施設を指し、外部環境を農産物の生育に最適な条件に整えることで、短期間栽培、年中栽培、無農薬栽培、気象リスク回避などができるのが大きなメリットです。そして、高度な農業技術が結集する日本の植物工場は、食の安全性を求める中国、水が不足する中東、耕地面積が狭いシンガポールなどから熱い視線を注がれていると述べています。

2013-02-06

ストラジストコラム第156号 続「覚悟の」解散・総選挙(後編)(大和住銀投信投資顧問)

経済調査部長 門司 総一郎氏によるコラムです。日経平均が15,000円となるシナリオを描くためには、安倍政権はTPP参加の決断が不可欠であると述べています。

2013-02-05

TPP交渉参加を決断し成長戦略の柱に(日経)

安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」は、3本目の矢である成長戦略が最も重要であり、日本経済の成長を支える柱となる貿易自由化のためにも、日本がTPP交渉に一日も早く加わる必要性を強く求めています。また、従来と同じ方法で手厚い保護を続けても、日本の農業の衰退は止まらない点を示し、安倍首相には農業改革から逃げずに真正面から取り組むべきであると指摘し、農業再生の戦略策定を国内で明確に指示し、日米首脳会談でTPP交渉に参加する意志を伝えるべきであると述べています。

2013-02-05

TPP、日米首脳会談前に高官派遣で調整(TBS)

政府は今月下旬に予定されている安倍総理の訪米に先立って、TPP交渉の前提条件などをアメリカ政府と協議するため、政府高官を派遣するよう調整していることが、政府関係者への取材で分かりました。TPP交渉への参加について、「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、反対」とする安倍政権は、アメリカ政府に対し、関税撤廃の例外品目を認めるよう働きかけるものと見られています。

2013-02-05

菅官房長官:ルース駐日米大使とTPP問題など意見交換(毎日)

菅義偉官房長官は4日、ルース駐日米大使と首相官邸で会談し、今月下旬の安倍晋三首相の訪米を前に、TPPや米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などについて意見交換しました。

2013-02-05

TPP交渉参加 自民・石破幹事長「議論しなければ時期言えない」(FNN)

自民党の石破幹事長は、1日の記者会見で、TPP交渉参加の是非について、「議論をしなければ、いつの時期までにとは言えない」と述べ、夏の参議院選挙までに、党としての方針を決めるとした自身の発言を修正しました。自民・石破幹事長は「党の公約とたがうところはあるのかないのかという議論をしないと、いつの時期までにと言うことはできないと思っている」と述べています。

2013-02-05

自民TPP賛成派が勉強会再開へ(日経)

TPP交渉への参加に賛成の自民党議員による勉強会が13日、政権交代後の初会合を開かれます。先の衆院選で初当選した新人議員らの参加を募り、TPP推進の立場から意見交換する見通しです。安倍晋三首相が交渉参加に踏み出しやすくなるように環境をととのえる狙いがあるとしています。

2013-02-05

山下一仁「不参加でわかるTPPの重要性」(キヤノングローバル戦略研究所)

2013年1月21日付の日経グローカルに掲載された、賛同人の山下一仁氏の記事です。安倍晋三首相に対し、交渉に参加しないデメリットを真剣に考えるべきであると助言しています。日本はタイムリミットを過ぎたに等しい状況下にあり、自民党内に反対派が多い安倍政権が調整に手間取り、参加表明が9月ごろになるとしても、日本は原加盟国ではなく新規加盟国として、原加盟国が決めたルールや関税撤廃などの要求を受けるしかなくなります。現状のように、自民党が国内市場だけを守る政策を続けた場合、TPPへの乗り遅れが自動車産業などに深刻な打撃を与え日本経済がクラッシュした時に初めてTPPの重要性がわかる羽目に陥ることを危惧しています。

2013-02-05

提言書「日本のものづくりの競争力再生」(中部経済連合会)

中部経済連合会が2月5日付で提言書を公表しました。政府に対して期待する六重苦の除去の具体策として、輸出環境、海外投資環境の整備促進、とりわけTPPの早期参画、FTA、EPAの積極的推進を図るべきであると述べています。

2013-02-05

日本のEPA戦略のあり方~韓国との比較を通じた検討~(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

日本のEPA戦略を、輸出をテコにした経済成長を目指してFTAを積極的に締結している韓国の戦略と比較しています。また、日本がEPAを推進していくにあたっては、農業の活性化を含む農業政策のあり方について検討する必要であるとし、また、スピードを意識した対応や、経済活性化を意識した取り組みも重要になると述べています。日本のTPP交渉への参加についても、交渉を通じて日本の利益を主張するためには早期に決断する必要性を示しています。

このページの先頭へ