• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-02-23

日米首脳会談 TPPで共同声明(NHK)

アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の23日未明、就任後初めてオバマ大統領と会談し、日米同盟の強化を確認するとともに、TPPについて、「交渉参加に際し、一方的にすべての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない」などとした共同声明を発表しました。

2013-02-22

日米首脳会談 TPPや対中国巡り協議へ(NHK)

アメリカのオバマ大統領は日本時間の23日、安倍総理大臣をホワイトハウスに招いて首脳会談を行います。アメリカが主導するTPPや沖縄県の尖閣諸島を巡り日本との関係が悪化している中国への対応などについて意見を交わすことにしています。アメリカ経済再生のカギを握るとみるTPPについて、オバマ大統領は日本の交渉への参加を期待しているため安倍総理大臣から直接日本政府の方針について聞くことにしています。

2013-02-22

TPP:参加なら例外品目の選定など着手…自民党・高市氏(毎日)

自民党の高市早苗政調会長は21日の記者会見で、TPPの交渉参加問題について「(安倍晋三首相が)仮に参加を決めた場合、与党として政府に求める条件を深掘りしていくことになる」と述べ、首相の決断によっては例外品目の選定などに着手する考えを示しました。

2013-02-22

「TPP交渉は全品目対象」特例に含み(NHK)

アメリカのカーク通商代表は、インタビューに応じ、TPPの交渉に日本が参加する場合、すべての品目を対象にして交渉を始める必要があるという認識を示す一方、交渉の結果、特例が設けられる可能性にも含みを持たせました。

2013-02-22

日本のTPP交渉参加、「安倍首相の判断に期待」 日商岡村会頭が会見(SankeiBiz)

日本商工会議所の岡村正会頭は21日の会見で、日本時間23日未明に予定される日米首脳会談について「TPP交渉の聖域に関する感触を探り、参院選前に自分で判断されるというので期待している」と語り、会談後に安倍晋三首相が交渉参加を決断することに強い期待感を示しました。首脳会談では米国産シェールガス(新型天然ガス)の輸出許可要請も話題にのぼるとみられるますが「日本に有利なよう相手の考え方を引き出すことだ」としたうえで「日米関係の再構築に資するようがんばっていただきたい」とエールを送りました。

2013-02-22

TPPで日本に強く譲歩求める ホワイトハウス高官(日経)

米ホワイトハウスのフロマン大統領副補佐官(国際経済担当)は21日、日本のTPPへの日本の参加について、自動車と保険市場の開放が大前提になるとの認識を改めて強調し、日本側に強く譲歩を求めました。安倍政権の積極的な金融緩和路線と円安傾向には「世界経済の力強い成長が日米共通の利益だ」として一定の理解もにじませています。

2013-02-22

首相決断へ環境づくりを TPPで米有力紙(産経)

21日付の米紙ワシントン・ポストは、22日の安倍晋三首相とオバマ大統領の首脳会談を前に論説記事を掲載し、主要議題となるTPPの日本の交渉参加へ向け、大統領に対し首相が決断しやすい環境づくりを進めるよう促しました。

2013-02-22

TPP推進議連の発足で合意 民主・維新・みんな(日経)

民主、日本維新の会、みんなの3党の一部議員は21日、国会内で会合し、TPPの交渉参加を政府に促す議員連盟をつくることで一致しました。26日に準備会合を開く予定で、自民党など与野党問わず参加を募ります。

2013-02-22

日中韓のFTA準備会合終了(SankeiBiz)

日本と中国、韓国による自由貿易協定(FTA)交渉の準備会合が21日、東京・霞が関の外務省で開かれ、20日から2日間の日程を終えました。3カ国は、3月下旬から4月上旬に韓国で開く第1回交渉会合に向けて、事務レベルで今後の交渉の進め方などを協議し、準備会合は今回で終了しました。

2013-02-21

TPP交渉参加に意欲 安倍首相「訪米後、早急に判断」(朝日)

安倍晋三首相は、就任後初の訪米を前に、TPPについて「国内総生産(世界)3位の日本が入るかどうかで重要性が変わる。聖域があるはずだから、それを確認したい」と述べ、交渉参加に意欲を示しました。また、首相は「帰国後、あまり時間をかけずに判断したい」と語り、オバマ米大統領との会談後、政治決断する意向を明らかにしています。首相は21日午後に出発し、22日昼(日本時間23日未明)にワシントンで首脳会談に臨む予定です。

このページの先頭へ