• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-03-13

TPP交渉参加決定時、首相「農業者に説明」 衆院予算委(日経)

安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、政府がTPPの交渉参加を決めた場合に閣僚などが農業者らに直接、説明する機会を設けることを検討すると表明しました。「大きな政策判断をし、それが大きな影響を及ぼしていく政策では、大集会ではなく率直に意見を言いやすい規模の機会をつくることを考えたい」と述べました。また、TPPを巡り自民党内に賛否両論があることには「議論して決めた以上はまとまっていく。自民党のある種いい面でもあるが、決めた段階ではみんなが同じ方向に進んでいくことが正しい」と党内の取りまとめに自信を示しています。

2013-03-13

TPP、13日に決議=参院選にらみ農業団体へ配慮-自民(時事)

安倍晋三首相のTPP交渉参加表明に向け、自民党は12日、環境整備を急ぎました。同党は13日にTPP参加に当たっての条件を盛り込んだ決議を採択する方針です。これに先立ち、石破茂幹事長は農業団体主催の緊急集会に出席し、「国益」確保へ全力で取り組む姿勢を強調し、交渉参加への理解を求めました。

2013-03-13

気になるTPP日米自動車合意の副作用(日経)

TPPをめぐる日米両政府の事前協議は、日本が農産物で貿易自由化の「聖域」を求めたため、その見返りとして米国の自動車の輸入にかかる関税の撤廃を先送りする方向で合意されました。しかし、その副作用には細心の注意を払わなければならないと述べています。なぜなら、TPP交渉の中で、ベトナムやマレーシアなどアジアの新興国は、自動車分野を中心に、自国の産業をできるだけ関税で保護して、育てようとしており、日米の聖域の論議は、新興国が市場開放や改革を先送りする格好の口実として使われる懸念があるからです。また、各国の保護主義勢力の動きが強まっているのも心配であると述べています。

2013-03-13

情報BOX:2013年のTPP交渉における主な検討事項(ロイター)

2013年のTPP交渉における主な検討事項として、農業、繊維製品・衣服類・靴類、SOE、医薬品などの分野をあげ、それぞれの検討内容について解説しています。

2013-03-13

戸堂 康之「Special Report TPPの成長効果推計」(経済産業研究所)

当国民会議の賛同人の戸堂 康之・東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻教授によるレポートが掲載されています。TPPの効果の本質は、貿易や投資の障壁が低くなることで輸出や投資が増え、それによって国内生産が増えるという直接的な効果に限定されず、貿易、対内・対外投資など経済のグローバル化を介して日本人が世界の多様な人材とつながることで、新しい知識を互いに吸収し、議論し、視野を広げ、刺激を受けあって、国内のイノベーションや技術革新が促進されることにあると述べています。そして、TPPがGDPに与える効果の推計については、貿易と対内直接投資の効果を合わせると1.5%ポイント増となり、TPPこそが成長戦略の要となりうると報告しています。

2013-03-12

【セミナー開催のご案内】グローバルビジネス学会 第一回全国大会<賛同人の渡邊頼純教授がTPP特別セッションのモデレーターを務められます>

世界経済の発展に寄与する人材の育成を目的とした学術団体グローバルビジネス学会は、3月16日と17日の両日にわたって第一回全国大会を開催します。「多極化におけるグローバリゼーション」を統一テーマに、数々の講演と10件に及ぶ学会内研究成果が発表される予定です。1日目の「特別セッション TPP」では、賛同人の渡邊頼純・慶応義塾大学教授がモデレーターを務められます。 セッション詳細、申込方法は以下の通りです。 ■1日目 3月16日(土)9:30~17:40 「研究発表会・特別セッション」 会場:早稲田大学国際会議場 第3会議室 (国際会議場案内図:www.gscn.net/event/images/map.pdf) <特別セッションTPP>(12:45-14:15) 司会進行:原良憲教授(京都大学経営管理大学院教授) パネリスト:近藤剛(早稲田大学特命教授/伊藤忠商事理事)、C. ローレンス・グリーンウッドJr.(U.S.-Japan Regional Leadership Committee共同委員長) モデレーター:渡邊頼純(慶応義塾大学教授) ■参加費と参加申込み (定員制) : ・一般:大会参加費5,000円/懇親会5,000円 ・会員:大会参加費4,000円/懇親会5,000円 ・学生:大会参加費 無料/懇親会3,500円 ■お申し込み 申し込みフォーム(http://s-gb.net/form_nc_jp/) ■本件に関する問い合わせは、グローバルビジネス学会HPよりご確認ください。 http://s-gb.net/nationalcon/

2013-03-12

TPP 首相方針の実現に49%が期待(NHK)

NHKが行った世論調査で、TPPを巡り、安倍総理大臣が、「国益にかなう最善の道を求めていく」としていることについて、日本が交渉に参加した場合、こうした方針の実現を期待できると思うかどうか聞いたところ、「期待できる」が49%だったのに対し、「期待できない」が45%となる結果でした。

2013-03-12

【セミナー開催のご案内】『新しい国際分業と新たな国際経済秩序:TPPとRCEPの役割』 <賛同人の木村福成教授が講師を務められます>

公正貿易センターと貿易研修センターの共催で、 賛同人を務めていただいている慶應義塾大学の木村福成教授を講師とした、 TPPならびにRCEPが、新しい国際分業と新たな国際経済秩序構築のために果たし得る役割等に関するセミナーを開催されます。 セミナー詳細と申込方法は以下の通りです。 【WEB】http://www.fairtradec.com/ 【テーマ】『新しい国際分業と新たな国際経済秩序:TPPとRCEPの役割』 【講師】慶應義塾大学 木村福成 教授 【日時】2013年3月19日(火)14:00~16:00) 【会場】TKP赤坂ツインタワー・カンファレンスセンター「ホール7B」(東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館7階) 【参加費】無料(要事前申し込み) 【参加申し込み】  3月18日(月)までに、furuhashi-k@fairtradec.comまで   ①氏名   ②会社名又は団体名    ③部署名及び役職名     ④電話番号    を記載の上、メール申し込み 【お問い合わせ】  [MAIL] furuhashi-k@fairtradec.com  [TEL] 03-3560-1871  [FAX] 03-3584-7122

2013-03-11

【TPP交渉参加】首相、例外議論「判断の時間限られている」(産経)

安倍晋三首相は9日午前のBS朝日番組で、TPPの例外品目の議論について「もし交渉参加の判断をしたらきちんと主張したいが、オバマ米大統領は『(交渉決着を)年内に』と言っており、判断に費やす時間は非常に限られている」との見通しを示しました。

2013-03-11

台湾、TPPへ参加希望表明 米と6年ぶり経済協議(朝日)

米台間の貿易投資枠組み協定(TIFA)に基づく経済協議が10日、台北で開かれ、台湾側はTPPへの参加希望を正式に表明するとともに、米台自由貿易協定を検討したいとの意向を示しました。

このページの先頭へ