• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2013-03-14

TPP:担当相 甘利経済再生担当相を起用へ(毎日)

安倍晋三首相は、甘利明経済再生担当相を15日付でTPP担当相に起用する方針を固めたとみられています。

2013-03-14

橋下氏 TPPで自民は例外作りすぎ(NHK)

日本維新の会の橋下共同代表は、TPPの交渉参加を巡る安倍政権の対応について、「今の自民党は、TPPの交渉参加に当たり、例外を作りすぎてしまって、自由貿易を推進する日本の方向性とは逆行している。結局、今の政権の下では、不参加になる可能性が高いのではないか」と述べています。

2013-03-14

TPP交渉入り容認を決議 自民対策委 (NHK)

自民党のTPP交渉参加をめぐる党内調整を担うTPP対策委員会(西川公也委員長)は13日の総会で、交渉参加を事実上容認する決議を採択しました。

2013-03-14

国民皆保険は試算対象外 米牽制狙う(産経)

政府が近く公表するTPP参加による経済効果試算について、公的医療保険に国民全員が加入する「皆保険制度」を縮小・廃止した場合の影響を盛り込まないことが13日、厚生労働省幹部によって明らかにされました。同制度がTPPの対象外であることを示し、自由診療の範囲拡大を求める米国を牽制するためであるとみられています。

2013-03-14

2013年3月(第104回)景気定点観測アンケート調査結果(経済同友会)

経済同友会が行った景気定点観測アンケート調査の結果が公開されています。政権が早期かつ優先的に取り組むべき課題、骨太方針に盛り込むべき課題の回答として、「TPPを含む経済連携の推進」が52.6%と上位にあがる結果となっています。そのほか、安倍政権の外交政策にを好評価した理由の上位に、「TPP参加への環境を整えているから」という回答が、安倍政権が早期にかつ優先的に取り組むべき政策としては「TPPを含む経済連携の推進」があがっています。

2013-03-14

欧州委「食品安全規制は影響受けず」 米とのFTAで(日経)

欧州委のデフフト委員(通商担当)が12日の記者会見で、EUの執行機関である欧州委員会は、交渉開始で基本合意した米国とのFTAに関し、EUの食品安全規制が影響を受けることはないとの認識を示しました。加盟国が実施している放送番組などに対する補助金なども変更を迫られることはないと明らかにしています。今夏には米国との交渉を開始したい意向も明らかにしています。

2013-03-13

【セミナー開催のご案内】グローバルビジネス学会 第一回全国大会<賛同人の渡邊頼純教授がTPP特別セッションのモデレーターを務められます>

世界経済の発展に寄与する人材の育成を目的とした学術団体グローバルビジネス学会は、3月16日と17日の両日にわたって第一回全国大会を開催します。「多極化におけるグローバリゼーション」を統一テーマに、数々の講演と10件に及ぶ学会内研究成果が発表される予定です。1日目の「特別セッション TPP」では、賛同人の渡邊頼純・慶応義塾大学教授がモデレーターを務められます。 セッション詳細、申込方法は以下の通りです。 ■1日目 3月16日(土)9:30~17:40 「研究発表会・特別セッション」 会場:早稲田大学国際会議場 第3会議室 (国際会議場案内図:www.gscn.net/event/images/map.pdf) <特別セッションTPP>(12:45-14:15) 司会進行:原良憲教授(京都大学経営管理大学院教授) パネリスト:近藤剛(早稲田大学特命教授/伊藤忠商事理事)、C. ローレンス・グリーンウッドJr.(U.S.-Japan Regional Leadership Committee共同委員長) モデレーター:渡邊頼純(慶応義塾大学教授) ■参加費と参加申込み (定員制) : ・一般:大会参加費5,000円/懇親会5,000円 ・会員:大会参加費4,000円/懇親会5,000円 ・学生:大会参加費 無料/懇親会3,500円 ■お申し込み 申し込みフォーム(http://s-gb.net/form_nc_jp/) ■本件に関する問い合わせは、グローバルビジネス学会HPよりご確認ください。 http://s-gb.net/nationalcon/

2013-03-13

【セミナー開催のご案内】『新しい国際分業と新たな国際経済秩序:TPPとRCEPの役割』 <賛同人の木村福成教授が講師を務められます>

公正貿易センターと貿易研修センターの共催で、 賛同人を務めていただいている慶應義塾大学の木村福成教授を講師とした、 TPPならびにRCEPが、新しい国際分業と新たな国際経済秩序構築のために果たし得る役割等に関するセミナーを開催されます。 セミナー詳細と申込方法は以下の通りです。 【WEB】http://www.fairtradec.com/ 【テーマ】『新しい国際分業と新たな国際経済秩序:TPPとRCEPの役割』 【講師】慶應義塾大学 木村福成 教授 【日時】2013年3月19日(火)14:00~16:00) 【会場】TKP赤坂ツインタワー・カンファレンスセンター「ホール7B」(東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館7階) 【参加費】無料(要事前申し込み) 【参加申し込み】  3月18日(月)までに、furuhashi-k@fairtradec.comまで   ①氏名   ②会社名又は団体名    ③部署名及び役職名     ④電話番号    を記載の上、メール申し込み 【お問い合わせ】  [MAIL] furuhashi-k@fairtradec.com  [TEL] 03-3560-1871  [FAX] 03-3584-7122

2013-03-13

安倍首相、TPP交渉参加を15日に表明(読売)

安倍首相は、TPP交渉に参加する考えを15日に表明する方針を固めました。実際の交渉に参加するには、交渉を始めている米国などの承認が必要なため、早期に参加の意思を表明し、新しい貿易のルール作りに積極的に関わる必要があると判断したためです。交渉参加には国内の農業団体などが反発していることから、首相は記者会見して参加の意義を丁寧に説明する考えです。

2013-03-13

【TPP】日本の「聖域」主張に各国が懸念 合意厳守要求へ(産経)

シンガポールで開催中のTPP拡大交渉会合で、日本が交渉参加をめぐり一部農産品などの関税撤廃を例外扱いし「聖域」を設定するよう求めることに、複数の国が懸念を示したことが分かりました。参加国の一部は日本政府が先行11カ国との個別の事前協議で、コメなどの関税撤廃を例外にできるか打診してきたことを問題視。「日本はカナダやメキシコのように、前提条件を付けずに交渉入りすべきだ」(同筋)との意見が出ています。

このページの先頭へ