• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-03-23

TPP 最新の交渉状況を公表(NHK)

政府はTPPについて、すでに交渉に参加している9か国の最新の交渉状況を公表し、TPP発効から7年以内にすべての品目で関税を撤廃すべきという考えを支持する国が多いことが分かりました。

2012-03-23

「米国アジア・ビジネスサミット」におけるカトラーUSTR代表補発言(日本語)

在日米国大使館のウェブサイトに、3月1日に行われた「APCAC2012 米国アジア・ビジネスサミット」での米通商代表部(USTR)のカトラー代表補の発言が掲載されています(日本語)。 カトラー代表補は、日本で議論されている疑問点に関する米国の見方を提示し、①TPPは医療保険制度を民営化するよう強要するものではない、②TPPは混合診療を含め、公的医療保険制度外の診療を認めるよう求めるものではない、③TPPは学校で英語の使用を義務付けるよう各国に求めるものではない、④TPPは非熟練労働者のTPP参加国への受け入れを求めるものではない、⑤TPPは他国の専門資格を承認するよう各国に求めるものではない、と述べています。

2012-03-22

TPP Q&A中級編・上級編をアップしました

TPPに関するよくある質問と回答を中級編・上級編としてまとめました。TPPについてある程度知っている方は「中級編」、TPPについてよく知っているという方は「上級編」をご覧ください。項目別に見ることもできます。

2012-03-21

馬田啓一「TPPと東アジア経済統合:米中の角逐と日本の役割」(国際貿易投資研究所)

3月17日、国際貿易投資研究所(ITI)ウェブサイトに、馬田啓一氏「TPPと東アジア経済統合:米中の角逐と日本の役割」が掲載されました。

2012-03-21

昆吉則「さよなら『貧農史観』 耕作放棄地は『宝の山』 農村を娯楽施設に」(WEDGE Infinity)

3月16日、WEDGE Infinityに、昆吉則氏「さよなら『貧農史観』 耕作放棄地は『宝の山』 農村を娯楽施設に」が掲載されました。

2012-03-19

「TPPと日本」シンポジウム開催(東京大学公共政策大学院)

3月29日(木)、東京大学公共政策大学院主催で、第68回公共政策セミナー『TPPと日本』シンポジウムが開催されます。TPPを巡る諸問題について、TPP賛成派・反対派の議論を通じて、経済全般、投資、医療、農業等に及ぼす影響等について、幅広く論点を整理する予定です。

2012-03-16

【社説】米韓FTAに学び農業を強くする道を(日経)

3月16日付日本経済新聞の社説に「米韓FTAに学び農業を強くする道を」が掲載されました。TPP交渉への参加を急務とする日本は、韓国の農業対策と経験に学び、長期的な視野に立った建設的な議論を導くべきと述べています。

2012-03-16

【社説】米韓FTA 日本はTPP参加で巻き返せ(読売)

3月16日付読売新聞の社説に「米韓FTA 日本はTPP参加で巻き返せ」が掲載されました。米国とのFTA発効にこぎつけた韓国に対し、出遅れた日本はTPPに早期に参加し、巻き返しを図るべきと述べています。

2012-03-15

米韓FTAが発効(東京)

3月15日付東京新聞に「米韓FTAが発効」が掲載されました。15日発効する米国と韓国の自由貿易協定(FTA)により、対米輸出競争で、日本企業は韓国企業より不利な立場に置かれると述べています。

2012-03-14

TPPも視野に国を開き、制度枠組み変革を=杉本和行・みずほ総研理事長(ロイター)

3月13日付ロイターに、みずほ総研の杉本理事長の提言が掲載されています。 杉本氏は、TPP参加をはじめとする国を開く方策は日本が進むべき方向であり、既存の制度枠組みを変革し、グローバル化に対応した経済構造を再構築する必要があると述べています。

このページの先頭へ