• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-04-10

山下一仁「TPP反対論の虚構 大局見据え対策講じよ」(キヤノングローバル戦略研究所)

キヤノングローバル戦略研究所ウェブサイトに、山下一仁氏「TPP反対論の虚構 大局見据え対策講じよ」が掲載されています。

2012-04-10

亜TPP交渉と日EU間経済連携協定(ユーラシア研究所)

ユーラシア研究所のウェブサイトに「亜TPP交渉と日EU間経済連携協定」が掲載されています。TPPと日EU間経済連携協定(日EU間EPA)との比較を通じて、日EU間EPAの課題を明らかにしています。

2012-04-08

【社説】TPPで国家資本主義の拡大に歯止めを (日経)

4月8日付日本経済新聞の社説に「TPPで国家資本主義の拡大に歯止めを」が掲載されました。輸出に頼るだけでなく、世界への投資で稼がなければならない日本は、TPP交渉への参加を急ぎ、国営企業の改革を含めて投資のルールづくりを米国とともに進めるべきと述べています。

2012-04-07

日本の農業、実は強い TPPは成長するチャンスだ(J-CAST)

4月7日、J-CASTニュースに、農業の将来を考えるトーク番組「本当は強い!日本の農業」(全3回)の最終回の模様が掲載されました。食糧自給率の低下や後継者不足問題、そしてTPP参加など課題山積みの「ニッポンの農業」が、どうすればもっと「強く」なれるのかについて討論されています。参加者は、農業ジャーナリストの青山浩子さん、農業誌「Agrizm」発行人で月刊誌「農業経営者」副編集長の浅川芳裕さん、株式会社ローソン代表取締役社長の新浪剛史さん、「丸の内朝大学」仕掛け人の古田秘馬さんの4人です。

2012-04-06

「TPPは国際競争力を高めるチャンス」 関経連が提言発表(産経)

関西経済連合会は6日、TPPについての提言を発表しました。日本および関西の製造業において、TPP協定締結は国内・域内生産や輸出の増加などプラス効果が大きいと指摘し、同協定への参加を可及的速やかに実現すべきだとしています。

2012-04-06

TPPで石田副大臣が米側に説明継続 自動車と保険で(産経)

訪米中の石田勝之内閣府副大臣は5日、TPPの日本の交渉参加問題をめぐり、米通商代表部(USTR)のマランティス副代表らと会談し、米側が事前協議で重視する自動車や保険について、日本側が説明を継続していくことで一致しました。

2012-04-06

日本の通商戦略のあり方を議論 -21世紀政策研究所が第89回シンポジウム開催(経団連)

経団連の21世紀政策研究所(米倉弘昌会長、森田富治郎所長)は3月21日、東京・大手町の経団連会館で第89回シンポジウム「日本の通商戦略のあり方を考える-TPPを推進力として」を開催しました。

2012-04-06

TPP参加巡り業界意見割れる…民主聞き取り(読売)

政府は5日、民主党経済連携プロジェクトチームの会合で、TPPについて業界団体などを対象に実施した聞き取り調査の結果を中間報告しました。経済団体が早期の交渉参加を支持したのに対し、農林漁業、医療関係の業界からは反対の声が上がり、意見が割れました。

2012-04-04

FTA交渉、年内にも ASEAN首脳採択へ(日経)

4月4日付日本経済新聞に「FTA交渉、年内にも ASEAN首脳採択へ」が掲載されました。日本や中国、韓国、インド、東南アジア諸国など16カ国が加わる世界最大規模のFTA交渉が年内にも始まる見通しで、カンボジアで開催中のASEAN首脳会議が4日採択する声明に盛り込むと述べています。

2012-04-03

米 “日本は市場障壁撤廃を”(NHK)

アメリカ通商代表部は2日、アメリカ政府が通商面で障害となっていると主張する、各国の政策をまとめた「貿易障壁報告書」を公表し、この中で日本の自動車市場について、「参入のためのさまざまな障壁がある」として、こうした障壁を撤廃するよう求めています。

このページの先頭へ