• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-04-27

TPP推進で首相を激励=経団連会長(時事)

野田佳彦首相は26日、首相官邸で経団連の米倉弘昌会長と会談を行いました。会談後の米倉会長による発言が掲載されています。

2012-04-26

TPP 農業再生の条件 第2部(4)「弱者」の殻を打ち破れ(日経)

4月26日付日本経済新聞に「TPP 農業再生の条件 第2部(4)「弱者」の殻を打ち破れ」 が掲載されています。農家の経営革新が2重3重の弊害に縛られている現状を示し、今後は農家と企業が利益を分かち合う構造を展開すべきである述べています。

2012-04-26

TPP早期参加を 日米会談前に経済界大合唱(SankeiBiz)

20日には「TPP交渉への早期参加を求める国民会議」が、24日には日商の岡村正会頭が、25日には経済同友会の長谷川代表幹事が、それぞれTPP交渉への早期参加を求める意見書を藤村官房長官あてに提出していることが紹介されています。経団連の米倉会長の発言も紹介されており、経済界が日本の国際競争力低下を懸念していることが掲載されています。

2012-04-26

TPP交渉“前向き姿勢を”(NHK)

経済同友会の長谷川代表幹事は、25日、藤村官房長官に対し、TPPについて、野田総理大臣が今月30日の日米首脳会談で、早期の交渉参加にできるかぎり前向きな姿勢を示すよう要請しました。

2012-04-25

TPP交渉参加の判断を先送りするな(日経)

日本不在のまま進むTPP交渉では、参加が遅れるほど、貿易・投資のルールづくりに日本の国益を反映できなくなってしまう為、野田首相は決断を遅らせるべきではないと述べています。

2012-04-25

【社説】農業白書 補助金頼みでは再生できない(読売)

4月25日付読売新聞の社説に「農業白書 補助金頼みでは再生できない」が掲載されています。農林水産省がまとめた2011年度農業白書は、国内農業改革の遅れを改めて浮き彫りにしており、TPP参加に向けた農業の活性化、輸出戦略のさらなる推進が必要であると述べています。

2012-04-25

渡邊頼純「容認と警戒が交錯 活発化する中国でのTPP論争」(WEDGE Infinity)

WEDGE Infinityに、渡邊頼純氏「容認と警戒が交錯 活発化する中国でのTPP論争」が掲載されています。

2012-04-24

【主張】TPP交渉と首相 国論二分の今こそ決断を(産経)

野田週初が米紙に対し「国論が分かれている」と語り、29日からの訪米前にTPP交渉への参加決定を断念する意向を示したことを受け、TPPが日本の国益全体にかかわることを認識し、国論が分かれているからこそ、首相の決断で打開を図らなければならないと述べています。

2012-04-24

TPP 農業再生の条件 第2部(3) 民間マネーで成長後押し (日経)

4月24日付日本経済新聞に「TPP 農業再生の条件 第2部(3) 民間マネーで成長後押し」が掲載されています。農家に対して巨額の補助金が投じられているにもかかわらず、農業が強くなる兆しが見えていない点を踏まえ、農家を「経営者」に育てる知恵が求められていると述べています。

2012-04-23

日本の農業再生をテーマに開催(経団連タイムス)

経団連の21世紀政策研究所は10日、第90回シンポジウム「日本の農業再生のグランドデザイン―TPPへの参加と農業改革」を開催しました。

このページの先頭へ