• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-05-11

農学部が復権 龍谷大が新設、明大は新農場(日経)

5月10日付の日経新聞に大学での農学部の復権がクローズアップされています。TPPを巡り国際競争力のある「強い農業」を目指す機運が高まっていることや、次世代の農業ビジネスを担う人材を育てようとする動きが背景にあるとしています(閲覧には会員登録が必要です)。

2012-05-10

伊藤元重「経済の複雑な問題を『自分の頭で考え抜く』ためのヒント」(PHP)

PHP Biz Online 衆知に伊藤元重氏「経済の複雑な問題を『自分の頭で考え抜く』ためのヒント」が掲載されています。

2012-05-10

櫻井よしこ「TPP 大国の責任を」(産経)

MSN産経ニュースに、櫻井よしこ氏「TPP 大国の責任を」が掲載されています。ベトナムの首都ハノイを訪問した際、ベトナムのTPPに臨む姿勢、それへの中国の圧力などを取材して、微妙で複雑な情勢下で、日本が果たすべき役割について考えさせられたとしており、日本はアジアのためにも、日本のためにも、TPP参加を実現すべきと述べています。

2012-05-10

日中韓FTA、年内に交渉開始へ 首脳会談声明案が判明(日経)

日本、中国、韓国の3カ国によるFTAに関して、13日から北京で開く3カ国首脳会談の声明案が9日明らかになりました。焦点となっていた交渉開始の時期を「年内」と明記しました(閲覧には会員登録が必要です)。

2012-05-10

首相 ペルーは投資環境整備を(NHK)

野田総理大臣は、9日夜、日本を訪れているペルーのウマラ大統領と会談し、ペルーとのEPA協定が発効したことによって、亜鉛や銅などの鉱物資源を中心に日本企業の投資の増加が見込まれるとして、ペルー国内の投資環境の整備に一層努力するよう求めました。一方、ウマラ大統領は、ペルーがすでに交渉に参加しているTPP協定に日本が参加することを支持する考えを伝えました。

2012-05-09

TPP交渉加速を 全米商議所が書簡(日経)

TPP協議の参加9カ国が8日、米テキサス州ダラスで各作業分野に関する拡大折衝に入ったのをうけ、全米商工会議所は同日、交渉の前進を促す書簡を発表しました。

2012-05-09

日・ペルー共同文書発表へ (日経)

野田佳彦首相は本日9日、来日中のペルーのウマラ大統領と会談し、2国間関係の強化に向けた共同文書を発表する旨、日本経済新聞に報じられています。ウマラ大統領は日本がTPP交渉参加に向けて関係国と協議に入ることを歓迎しており、日本の立場を支持しています。

2012-05-09

米でTPP交渉始まる=閣僚級会合控え協議加速(時事)

TPP交渉参加9カ国による、TPPの第12回拡大交渉が8日、米テキサス州ダラスで開始されています。

2012-05-09

日本郵政、がん保険参入凍結 TPPで米国の懸念に配慮(朝日)

朝日新聞によるインタピューにて、日本郵政の斎藤次朗社長は、日本郵政傘下のかんぽ生命保険による「がん保険」への参入を当面は凍結し、政府のTPP交渉に対して配慮を示す考えを明らかにしています。

2012-05-09

法人実効税率20%台に 経団連が成長戦略提言案(日経)

5月9日付の日本経済新聞に、経団連がまとめた日本経済の成長促進に向けた政策提言の原案に関する内容が掲載されています。経済界は、政府に法人税の引き下げを求めるにあたり、TPPや日中韓経済連携協定などの締結を前提とすれば、GDPは成長を続け財政状況も改善すると試算しています(閲覧には会員登録が必要です)。

このページの先頭へ