• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-06-07

【新閣僚に聞く】郡司彰農林水産相「TPPは関税ゼロ以外の要素で国益に」(産経)

産経新聞に、新しく農林水産大臣に就任した郡司大臣のインタビュー記事が掲載されています。

2012-06-07

「TPPはG20で議題にならない」米政府高官が見通し(テレビ朝日)

TPP協定について、アメリカ・フロマン大統領副補佐官は、今月にメキシコで開かれるG20=20カ国の首脳会談では議題とならず、参加を検討中の日本などとさらに話し合いが必要との見方を示しました。

2012-06-06

高安雄一「米国とのFTAでアダルト産業が野放しに?」(日経ビジネス)

日経ビジネオンラインに、高安雄一氏「米国とのFTAでアダルト産業が野放しに? レッスン4 サービス貿易」が掲載されています。

2012-06-06

【社説】日本の製造業 成長市場の攻略で巻き返しを(読売)

6月6日付の読売新聞の社説に「日本の製造業 成長市場の攻略で巻き返しを」が掲載されています。平成23年度版「ものづくり白書」(ものづくり基盤技術の振興施策)が閣議決定されたことを受けて、日本企業に対し、アジアなどの新興国市場向けの低・中価格の製品開発を加速するとともに、市場に近い現地で迅速に製造する最適な国際分業体制の構築を進めるべきと述べています。

2012-06-06

クボタがコメ輸出、有力産地を支援 まず新潟米(日経)

農機メーカーのクボタは国内の有力産地と組んでコメ輸出を始めます。まず新潟県産の販売を今秋に香港で開始し、産地や輸出先を順次広げて3年後には現在の日本の総輸出量の4分の1にあたる年500トンの販売を目指します。

2012-06-06

TPP首脳会議、9月に開催 APECに合わせて(日経)

TPP協定の参加9カ国は5日、訪問先のロシアで閣僚級会合を開きました。9月にロシア極東のウラジオストクで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、TPP首脳会議を開催することで一致しました。(閲覧には会員登録が必要です)

2012-06-06

TPP交渉、「合意内容」重視=日本の参加は協議継続-閣僚会合(時事)

米国、オーストラリアなどTPP協定拡大交渉に参加する9カ国の貿易担当相会合が5日、当地で開催されました。終了後に発表された声明は、年内妥結を目指して交渉を「可能な限り迅速に進める」としながらも、妥結の時期については「合意内容次第」と明記し、あくまで関税の原則撤廃など内容を重視する姿勢を鮮明にしました。

2012-06-06

APEC貿易担当相 TPP加速を(NHK)

ロシアで開かれていたAPECの貿易担当の閣僚会合は、5日、域内での自由貿易圏の構築に向けてTPP協定を含めた経済連携の取り組みを加速させるという方針などを盛り込んだ議長声明をまとめ、閉幕しました。

2012-06-05

首相「当たり前のこと決まる政治を」(時事)

野田佳彦首相は5日午後、都内で開かれた経団連の定時総会であいさつし、消費増税や原発再稼働、TPP交渉参加の問題に触れ、「国論を二分する話ばかりだ。むしろ反対の方が多い」と指摘しました。その上で「本当に国家、国民、次世代を考えたとき、何をやらなければいけないかは、多くの人が分かっている。当たり前のことが当たり前のように決まる政治を実現したい」と強調しました。

2012-06-05

農相 “TPP参加は慎重に”(NHK)

郡司農林水産大臣は、5日の閣議のあとの記者会見で、政府が交渉参加に向けて関係国との協議を進めているTPP協定について、「すべての品目の関税を撤廃することが国益になると判断するのは難しい」と述べ、すべての関税が撤廃されるならTPPへの交渉参加は慎重に対応すべきだという考えを示しました。

このページの先頭へ