• TOP
  • TPP News

TPP Newsrss

2012-08-03

(6)親子で学び 深まる理解(読売)

大阪教育大付属池田中学校(大阪府池田市)で、6月下旬に行われた新聞活用授業「世の中を解説し提案しよう!」で中学生がTPPについて取り扱った授業が取り上げられています。中3のほか、中1と付属池田小学校6年の各1学級と保護者も含めた約150人が出席したと伝えています。

2012-08-03

2012年の日本の成長率予想は2.5%、欧州危機と中国成長鈍化による下方リスク存在=IMF(ロイター)

国際通貨基金(IMF)は1日、日本経済は前年の東日本大震災の被害から回復しつつあり、2012年の成長率は2.5%になるとの予想を示しました。ただ、欧州債務危機と中国の成長鈍化による下方リスクは存在すると警告しています。通商問題については「アジアと欧州の主要貿易相手との質の高い自由貿易協定(FTA)を追求し、TPPに参加するとの当局の方針は、サービス部門と農業部門における地域的な融合の加速に寄与する」としています。

2012-08-03

コメ輸入で財政負担362億円=売買差損を穴埋め-昨年度(時事)

農林水産省は31日、国家貿易として行うコメ輸入について、2011年度の財政負担が362億円になったと発表しました。厳しい財政事情やTPPなどを見据え、コメの国家貿易の在り方も問われそうだと述べています。

2012-08-02

TPP、9月が正念場 次回交渉、APECと重なる (日経)

TPPの拡大交渉の次回会合が9月6~15日に米バージニア州で開かれる予定で、9月初旬にロシアのウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議とほぼ重なる日程になります。自由貿易や経済統合を進められるかどうかを巡り緊迫感が増す見通しであると伝えています。

2012-08-02

池田信夫『日本経済の幻想と真実 TPPは政治家を見分ける試金石「自由主義か保護主義か」を争点に政界再編を』(JBPress)

池田信夫氏『日本経済の幻想と真実 TPPは政治家を見分ける試金石「自由主義か保護主義か」を争点に政界再編を』がJBPressに掲載されています。

2012-08-02

三菱東京UFJ銀など、メキシコの銀行と提携 (日経)

三菱東京UFJ銀行とみずほコーポレート銀行は1日、メキシコを地盤とする銀行との業務提携をそれぞれ発表しました。メキシコは40カ国以上と自由貿易協定(FTA)を結んでおり、輸出を中心に安定した経済成長が見込めるとして自動車など日系企業の進出も目立つ中、邦銀は現地銀と組み資金需要の取り込みを急いでいます。

2012-08-02

外国人の看護師国家試験、時間を1・3倍に延長 (読売)

厚生労働省は1日、経済連携協定(EPA)に基づき来日した外国人が受ける看護師の国家試験について、試験時間を1・3倍に延長するなどの特例措置を講じると発表しました。

2012-08-01

岡崎研究所 「TPP 日本が参加してこそ真価を発揮」(WedgeInfinity)

岡崎研究所 「TPP 日本が参加してこそ真価を発揮」がWedgeInfinityにて発表されました。

2012-08-01

日・印EPA発効から1年-対インド輸出4割増、関税の削減効果大きく (日刊工業新聞)

日本・インド経済連携協定(EPA)の発効から1日で1年を迎え、日本からインドへの輸出が前年同期比4割増加となるなど、貿易の拡大につながっていると伝えています(全文覧には会員登録がひつようです)。

2012-08-01

ヤマザキマザック、シンガポール工場拡張を発表 (日経)

ヤマザキマザックは31日、2013年秋までにシンガポール工場を現在の2倍に拡張すると正式に発表しました。工作機械の生産能力を月80台から6割増の130台に増やし、投資額は約37億円を予定しています。同国が交わした自由貿易協定(FTA)を活用し、関税が撤廃されたインドや東南アジア諸国連合(ASEAN)の需要に応えるのが目的です。

このページの先頭へ