TPPのメリット

3.日本企業の海外での利益を守る

~現地の規制で不利益を受けたり、現地企業より不利にならないために~

<<技術で稼いだお金を日本に還元

海外で事業を行う際のハンデをなくす>>

突然の規制変更を防ぐ

外国政府が、事前に意見を聴取したり通告したりせずに、突然規制を変更することを禁止します。

突然規制が変わったので、投資ができなくなりました
開発許可をもらって進めていたのに、突然、環境基準が追加されて、内容の確認に手間取った揚げ句、対応できないことが分かり、断念することに……。

途上国では、法令の急な施行や頻繁な改廃があり、確認に手間取る例が多くあります。明確な規定が設けられておらず、いろいろな行政官庁によって判断が異なる場合もあり、ビジネスに大きな支障になっています。

TPPでは、規制の変更前に説明をしたり、実施までに一定の期間を設けたり、意見を言える手続きを導入することを約束します安心して投資計画を立てられるようになりました
規制導入に事前説明があり、意見も言えるようになりました。

TPPで決めること
規制変更前の説明手続
パブリック・コメント(意見の聴取手続き)の義務化
交渉分野:投資、TBT(貿易の技術的障害;規格や、基準への適合性を評価する手続)、分野横断的事項

<<技術で稼いだお金を日本に還元

海外で事業を行う際のハンデをなくす>>

このページの先頭へ