TPPのメリット

1.雇用を守り、増やす

~日本での事業活動が不利にならないために~

<<日本からの輸出品の値段を下げる

日本の輸出品への差別をなくす>>

環境基準・労働基準を守る

海外の製品と競争する日本の企業が、環境基準を守ったり、労働者を守ることで外国企業より不利になるのを防ぎます。

環境基準の差で、日本企業は不利
途上国では、地元企業が安い製品をたくさん製造しています。日本企業は、環境基準を守るために廃棄物処理コストをかけているので、これ以上安くできません(産業機械メーカー)

例えばベトナムでは、洗浄液が河川・土壌に流されています。廃液処理設備の費用をかけず、安く売ることができます。日本企業が輸出したくても、現地の安い製品には対抗できません。

TPPで自国の企業が、高い環境・労働基準を守ることを約束します環境基準が同じになりました
地元企業も環境基準を守るようになりました。積極的に輸出して、質の高さで勝負します!

TPPで決めること
国際的な環境・労働ルールの遵守
投資誘致を目的とした環境・労働規制の緩和の禁止
交渉分野:環境・労働

<<日本からの輸出品の値段を下げる

日本の輸出品への差別をなくす>>

このページの先頭へ