TPPのメリット

1.雇用を守り、増やす

~日本での事業活動が不利にならないために~

環境基準・労働基準を守る>>

日本からの輸出品の値段を下げる

外国の関税を撤廃することで、日本の輸出品の価格が下がり、外国で売れるようにします。

関税のない韓国製に、シェアを奪われています
「関税のない分韓国製の方が安いので、関税込みで高い日本製は勝てません。ただでさえ円高で輸出品の値段が割高なのに……。このままでは海外に工場移転も考えなくてはなりません。

日本からの輸出には、実はまだ多くの関税がかかったままです。例えば米国向け輸出の6割は、関税によって、米国内での値段が高くなっています。自動車や家電など、日本企業と海外の市場で競合する韓国は、どんどん自由貿易協定(FTA)を結んで、外国の関税を撤廃してきました。韓国は、日本より先に米国とのFTAを締結したので、日本製は米国で関税がかかるのに、韓国製は関税がかからなくなっているのです。

TPPで関税を撤廃して、日本からの輸出品が外国で割高にならないようにします関税がなくなり、価格を安くできました
韓国製には、質の高さで勝負します!これで日本で工場が維持できます。

TPPで決めること
関税の撤廃
輸入が急増した場合に一時的に関税を上げられる条件(セーフガード)
交渉分野:工業品、繊維、農産品の関税

日本からの輸出は依然、関税に直面

関税あり対米輸出額の約6割
関税障壁
米韓FTA(自由貿易協定)によって関税なし
安い韓国製を買うわ!

自動車産業の場合:

日本の自動車業界は、国内生産(793万台;2009年)の半分近くの約362万台(乗用車321万台、トラック・バス41万台)を輸出しています。
乗用車について見てみますと、日本がFTAを締結しておらず韓国が締結済みの国への輸出台数は、日本からの輸出台数全体の4割以上に達しており、これらはすでに関税分が韓国製より不利になっています。
韓国はさらに多くの国とFTA締結交渉を進めており、このままいくと、現在日本から輸出している乗用車の約8割が、海外の市場で韓国車よりも不利になってしまいます。これらの国々の市場規模の合計は、世界市場のおよそ半分、3000万台以上にのぼります。
輸出ができず、生産拠点の閉鎖や海外移転となれば、わが国の自動車関連産業が支える約500万人の雇用はどうなるのでしょうか?

TPP諸国の主な高関税(先進国)

高いレベルの関税撤廃を目指すTPP諸国にも、実は、まだまだ高関税が残っています。

TPP諸国の主な高関税(先進国)

 

TPP諸国の主な高関税(日本のEPA締結国、2011年時点)

日本がこれまでEPA(経済連携協定)を締結した国との間でも、高関税が残っています。
TPPは、日本との2国間FTAでは実現できなかった関税撤廃を実現するチャンスです。

TPP諸国の主な高関税(日本のEPA締結国、2011年時点)

環境基準・労働基準を守る>>

このページの先頭へ